大塗商とは

大阪塗料商業協同組合とは、昭和58年に設立(前身は大正4年5月22日に設立された “大阪塗料商工組合”)された塗料販売業者の団体となります。 現在、組合員数は135社で組織され、各会員間の相互の連携を高め、強い信念と結束をもとに運営されております。 各組合員の自主的な販売活動を促進し、その経営地位の向上を目的とし、各種の共同事業を行っております。 組織の事業は3つの委員会により企画運営をされ、さらに地区別に5つのブロックにて構成され、独自の活動も行っています。

概要

  団体名大阪塗料商業協同組合  【組合員数:135社】
  所在地〒541-0056 大阪市中央区久太郎町 1-8-9
       電話番号:06-6271-8814  FAX番号:06-6264-2663
  代表者理事長 足立 年彦
  設 立昭和58年9月3日(1983年)
 



 
  事業内容
1.消耗品の共同購買事業
2.ETCコーポレートカード制度利用事業
3.販売促進のためにする共同宣伝事業
4.経営及び技術改善向上又は教育及び情報の提供事業
5.AMSガソリンカード利用事業
6.福利厚生事業
7.前各号の事業に付帯する事業
  
  役員数
   理事長   副理事長   理 事   監 事
    1    3    23    2

組織図

役員一覧

役 員氏 名会 社 名
理事長足立 年彦名 神㈱
副理事長斉藤 岳人㈱かね藤
副理事長塚原 秀三郎㈱扇商会
副理事長泉  佳孝泉化成産業㈱
相談役小島 正勝小島塗料㈱
相談役日下 幹朗㈱ケンコク
理 事植田  淳植田塗料㈱
理 事大江 政二㈱大 江
理 事大平  耕サンリード㈱
理 事川上 裕成第一産業㈱
理 事川戸 康晴オーウエル㈱
理 事岸田 泰行岸田塗料㈱
理 事木村 浩二㈱速水塗料店
理 事日下 亮太㈱ケンコク
理 事佐野 英明生興塗料㈱
理 事臺谷 剛志ダイヤ化成㈱
理 事高橋 敦司㈱永和塗料商会
理 事茶谷 昭彦澤村産業㈱
理 事手嶋 律夫㈱ウチダ
理 事寺田  繁寿産業㈱
理 事中山 保幸中山塗料㈱
理 事野田  明三興塗料㈱
理 事平岡  卓大阪塗料商事㈱
理 事福島 博文いすゞ塗料㈱
理 事福島 美紀福島塗料㈱
理 事藤田 宗男㈱伸光商会
理 事松倉 利昌松倉商事㈱
理 事モーリス 美和子小島塗料㈱
理 事山内 昌博㈱井原商店
監 事安垣 健司安垣塗料㈱
監 事長野 浩典東宝商事㈱
諮問委員泉  佳佑泉化成産業㈱
諮問委員小島 正勝小島塗料㈱




佐野 英明生興塗料㈱
西岸田 泰行岸田塗料㈱
南・阪南高橋 敦司㈱永和塗料商会
寺田  繁寿産業㈱

理事長 挨拶

【令和6年度  年頭のご挨拶】

大阪塗料商業協同組合 理事長
          足立年彦

新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては穏やかな新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

平素は、大阪塗料商業協同組合の活動・運営にあたりまして、多大なるご支援とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

国内の経済状況を見てみますと、大きな影響をもたらした新型コロナウイルス感染症は5類に移行したことで、回復傾向がうかがえます。 例えば、インバウンドが伸びたことに伴い、観光や運輸など関連する広い分野で活気が戻りつつあります。

一方で、国際情勢はロシアによるウクライナ侵攻や、イスラエルとハマスの武装衝突、米中の対立、インフレの進行などで不安定化しております。この影響を受けて、原材料価格や物流費の高騰が依然として継続しております。

塗料・塗装業界も、原材料、物流等の価格高騰の影響を避けることは困難です。さらに、4月からスタートする「働き方改革関連法」の影響も見逃せず、物流や建設業界をはじめとする各産業分野での人手不足も懸念されるところです。

厳しい状況が続く中、私達は塗料販売店としての存在価値と機能をさらに高めていかなければならないと思っております。

大塗商としましては、その活動として特筆できることは、昨年10月よりインボイス制度により適確請求書発行事業者登録をしたことが挙げられます。また、共同購買事業を立ち上げております。
カーリース、ETC、制服、作業服、事故保険処理、ガソリンカードなどを組合を通して購入していただきますと、大幅な割引制度をお受けすることができます。

このように、組合員様が会社経営を進められていく中で、小規模社店においても、大幅な経費節減など価格メリットを見出せる施策を実施してまいります。ぜひ、ご遠慮なく事務局へお問い合わせいただければ幸いです。

今年は、昨年以上に組合員様の目線に立ってプラスになること、メリットになることを執行部の皆様と諸先輩方のご意見を十分取り入れながら運営してまいる所存でございます。そして、私達本来の本業であります塗料販売店としての存在価値と機能をフルに発揮していただき、皆様の発展に繋がれば本望でございます。

来年2025年は、いよいよ大阪・関西万博が開催される予定です。大阪が世界から注目を浴びる機会であり、関西発展の起爆剤をなることが期待されます。大塗商もその追い風に乗り、組合員様のための大塗商であることを肝に銘じて、活気ある組合活動を今年も目指してまいります。今年の事業につきましては、啓発事業として公共施設の「善意の塗装」および「ボランティア塗装」を大阪府塗装工業協同組合との協調により、最大限の協力と支援で実施いたします。変わらぬご支援とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

最後に、今年こそ景気が回復し、皆様にとりまして素晴らしい一年となりますことを心からお祈り申し上げます。