大阪塗料商業協同組合とは、昭和58年に設立(前身は大正4年5月22日に設立された “大阪塗料商工組合”)された塗料販売業者の団体となります。 現在、組合員数は約146社で組織され、各会員間の相互の連携を高め、強い信念と結束をもとに運営されております。 各組合員の自主的な販売活動を促進し、その経営地位の向上を目的とし、各種の共同事業を行っております。 組織の事業は3つの委員会により企画運営をされ、さらに地区別に5つのブロックにて構成され、独自の活動も行っています。

概要

  団体名大阪塗料商業協同組合  【組合員数:140社】
  所在地〒541-0056 大阪市中央区久太郎町 1-8-9
       電話番号:06-6271-8814  FAX番号:06-6264-2663
  代表者理事長 中山 保幸
  設 立昭和58年9月3日(1983年)
 



 
  事業内容
1.消耗品の共同購買事業
2.ETCコーポレートカード制度利用事業
3.販売促進のためにする共同宣伝事業
4.経営及び技術改善向上又は教育及び情報の提供事業
5.AMSガソリンカード利用事業
6.福利厚生事業
7.前各号の事業に付帯する事業
  
  役員数
   理事長   副理事長   理 事   監 事
    1    3    23    2

組織図

役員一覧

役 員氏 名会 社 名
理事長中山 保幸中山塗料㈱
副理事長足立 年彦名 神㈱
副理事長手嶋 律夫㈱ウチダ
副理事長西川 周平オーウエル㈱
相談役小島 正勝小島塗料㈱
相談役小寺 宏司浪速塗料㈱
相談役岡田 正樹㈱井原商店
理 事塚原 秀三郎㈱扇商会
理 事泉  佳孝泉化成産業㈱
理 事植田  淳植田塗料㈱
理 事大井  啓㈱ニッコク
理 事大江 政二㈱大 江
理 事岸田 泰行岸田塗料㈱
理 事岸田  拓㈱松田敏商店
理 事日下 幹朗㈱ケンコク
理 事小寺  治浪速塗料㈱
理 事澤村 文孝富士商事㈱
理 事佐野 英明生興塗料㈱
理 事斉藤 岳人㈱かね藤
理 事高橋 敦司㈱永和塗料商会
理 事臺谷 剛志ダイヤ化成㈱
理 事長野 浩典東宝商事㈱
理 事野田  明三興塗料㈱
理 事速水 順一㈱速水塗料店
理 事平岡  卓大阪塗料商事㈱
理 事福島 博文いすゞ塗料㈱
理 事藤田 宗男㈱伸光商会
理 事松倉 利昌松倉商事㈱
理 事山口 一夫㈱フジペック
理 事山内 昌博㈱井原商店
監 事安垣 健司安垣塗料㈱
監 事西村 和彦西村塗料産業㈱
諮問委員泉  佳佑泉化成産業㈱
諮問委員小島 正勝小島塗料㈱
諮問委員小寺 宏司浪速塗料㈱




佐野 英明生興塗料㈱
西山口 一夫㈱フジペック
南・阪南速水 順一㈱速水塗料店
臺谷 剛志ダイヤ化成㈱

理事長 挨拶

【令和4年 年頭のご挨拶】

大阪塗料商業協同組合 理事長 中山 保幸

 新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては健やかに新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。

平素は、大阪塗料商業協同組合の活動・運営にあたりまして、格別なるご支援ご協力を賜りまして厚く御礼申し上げます。

さて、昨年を振り返りますと一昨年よりも更に新型コロナウイルスの影響が鮮明になり、大阪は一年のほとんど緊急事態宣言が出され、人・物・金の動きが停滞し、完全に今後はウイズコロナ・アフターコロナを意識しながらの生活・経済活動にならざるをえないと思います。

そんな中、無観客とはいえ東京オリンピック・パラリンピックが開催され過去最高のメダルラッシュをはじめ多くのアスリートの活動に胸躍らせ、心を熱くし、感動し夢と希望を与えて貰ったのではないでしょうか。

組合の事業につきましては、引き続き少人数での開催もしくはズーム等での開催が続いておりますが、皆様のご支援・ご協力によりまして堅実な業務運営を維持しております。

昨今よく言われる「働き方改革」も一層加速し「改革」が、当たり前になり、「通常」になり、社会も街も生活も変わっていくように思います。

ガソリンをはじめ多くの化学製品だけでなくあらゆる分野・生活用品の価格の高騰がつづいております。塗料業界としては、昨年の初夏ごろから各社の価格改定・運賃改定の申し入れがあり、年末年始にかけて二次・三次の価格改定・運賃改定を実施されようとしています。

このような状況の時こそ、製・販・装の「販」が活動をリードしイニシアティブを取り難局を乗り越えられるように製・販・装が一体となり、各業界団体が同じベクトルで進みたいと思います。

2025年には、大阪・関西万博の開催が決定されています。今後多くのインフラ整備をはじめ、会場の準備・近隣の街創り、再開発が発表されています。このようなプロジェクトには、必ず塗料及び関連商品が使われます。ここからが塗料の魅力・能力の一番の見せ所ではないでしょうか。塗料が街や建物に彩りを与え、生き生きとする生活の一助となるように皆様と活動できれば幸いです。

昨年はリアルでの展示会「これ知っとく展」も2年振りに開催いたしました。やはり組合活動の原点は、リアルであり、リアルがあってのオンラインだと思います。リアルがあってコミュニケーションがありその時の表情が活気に満ちて、なんと楽しそうにしているのかと思ったのは僕だけではないと思います。

本年も組合員の「共通の利益の向上」を常に考えて活動してまいります。皆様には引き続き多大なるご支援・ご協力をお願いすると共に幸多き一年になりますように祈念申し上げまして新年のご挨拶とさせていただきます。